注文住宅で変形敷地に建てる明るい自然素材の家/京都府京都市T様邸

2019年10月15日

木の家新築お客さまレポ

T様邸のリビングスペース

東南に面した明るいリビング

変形敷地に建つ、ご家族の思いを形にした注文住宅

京都市に新築されたT様のお宅は、ご家族のコミュニケーションや暮らしやすさを考えて設計された注文住宅。無垢の木のぬくもりや光を感じながら暮らせる自然素材の家です。

変形地であったため、土地の購入を決断される前に、実際にこの敷地でどのような家を建てることができるのかご相談を受け、ラフプランをお作りし、購入の判断にして頂きました。日当たりの良い東南の方にリビングを配置するなど、土地を有効活用できたのではないかと思います。

リビングから続く幅広のステージ階段には、壁面を利用した書棚。収納力たっぷりです。1階と2階との真ん中にあるので、絵本や文庫本など、どちらで読むにも選びやすくて片付けやすい、ご家族お気に入りの空間になっています。

リビングから続く階段

リビングとつながるステージ階段

リビングダイニングや、2階の書斎の窓からも目が届く踊り場は畳一枚分(90cm×180cm)。ゆったりした大きさですので、お子様の遊び場にもなっています。

T様ステージ階段の施工事例

ゆったりした踊り場のある階段

リビング階段を上がると、大きな子供部屋。当面は間仕切らず、ご家族で広い空間を利用することができます。そしてお子様の成長に合わせてレイアウト変更も可能な空間です。

T様邸の将来間仕切りのできる子供部屋

お子さんが大きくなったら2部屋に間仕切りができる子供部屋

子供部屋とご主人の書斎の両方から上がれるロフトも作りました。思い出の品や季節のものを収納しておけます。

子供部屋からと書斎から両方から上がれるロフト

収納量がたっぷりのロフト

奥様の趣味のスペースもご希望でしたので、変形敷地のため玄関からリビングに行くまでの間にできたスペースを利用して、土間のアトリエを作りました。階段下のデッドスペースを有効に使っています。

奥様のアトリエ

奥様の趣味のスペース「アトリエ」

ふだんの暮らしを快適に過ごすため、風通しや収納にも重点をおき、収納に関しては奥様にご希望をうかがいながら、プランニングしていきました。実際にお住まいになってからも、使いやすいように手を入れたいとのことでしたので、あまり作り込みすぎず、収納には可動式の棚を取り入れました。

階段下を利用した収納棚

階段下のデッドスペースを利用した収納棚