はんべ工務店 滋賀・京都で1000万円台から建てる家族のための木の家

トップページ  >  寒くない家

寒くない家

はんべ工務店では、季節を感じながら暮らせる家になるよう通風や採光に考慮しながら設計しています。冬はあたたかく、夏はできるだけ家の中を風が吹き抜けるように、と考えます。

はんべ工務店で家を建てられたお客様の中には、「寒いのが苦手なんです」という方が意外と多くいらっしゃいます。
当社の標準仕様としている高断熱の仕様をご説明し、施工させて頂いた結果、床暖房をつけたりしなくても冬場も快適にお過ごし頂いているようです。
断熱性能について【はんべ工務店の標準仕様】
当工務店が標準仕様としている断熱性能は、住宅性能表示でいう最高ランクの等級4をクリアする「次世代省エネ基準」に準じて設計施工しています。その結果、寒くない家をつくることが可能になります。
高断熱仕様ですので、夏場のエアコンや冬場の暖房の効率も良く省エネ性の高い住宅です。「フラット35S」でのお借り入れをご希望されている方でもお申込みが可能です。
天井
2重通気工法(ネオマフォーム50mm)又はグラスウール155mm ※2階天井の仕上げ方法により異なります。
床下
ネオマフォーム45mm
壁面
1.ロックウール90mm
2.外断熱(ネオマフォーム25mm)
この他にも、天然木質繊維の断熱材セルロースファイバーや羊毛断熱材サーモウールなど、お客様のご希望に合わせた断熱材もお選びいただけます。
LIXIL シンフォニー
窓の断熱性能は、選ぶものによって熱エネルギーの流出割合が大きく変わってきますので寒くない家をつくるためにも重要な個所のひとつです。
当社では、ガラスは複層ガラスでサッシ枠も断熱サッシのLIXILのシンフォニーを標準仕様にしています。
複層ガラスは、2枚のガラスの間が1.2cmの空気層になっていて、断熱性能に優れ結露も発生しにくくなります。
サッシ枠にはアルミと樹脂の複合構造により高い断熱性能を発揮し結露を最小限まで軽減します。

薪ストーブのユラユラとゆれる暖かな炎は気持ちに安らぎを、そして生活にプラスアルファの楽しみも与えてくれます。当社で施工した薪ストーブある家のご紹介、お施主様にお聞きした薪ストーブのある暮らし、豆知識など、検討中の方は必見です。

暖房機の中の蓄熱体に蓄熱した熱を利用する蓄熱暖房。輻射熱で部屋全体を1日中24時間ゆっくり暖房しますので、家自体が冷えることなく家の中が常にほんわかと温かく保つことができます。

お住まいになってから1年・3年・10年以上経ったOBお施主様にインタビューさせて頂いています。完成して間もないアンケートとはまた違ったお話を聴くことができ、私たちも毎回楽しみにしています。