家族が真ん中。滋賀県でシンプルで良質な木の家づくり。はんべ工務店の新築事例はこちら

本物の素材を取り入れた
明るいリビングが中心の
家族が楽しい木の家

滋賀のはんべ工務店のつくるお家は、自然素材を使った木の香りに包まれた空間。『本当の意味で』自由度の高い注文住宅とリノベーションを承っております。

ご家族のふれあい考えた明るいリビング中心のワンルーム的な間取り、手作り感と工夫ある空間づくり、丈夫で長持ち『高断熱・オール4寸』仕様の日々心地よい温もりあるお家です。


→ 木の家づくりのコンセプトへ



→ リノベーションをお考えの方はこちらから

自然由来の材料で建てる
家族にやさしい木の家

滋賀のはんべ工務店では、無垢材をはじめ塗り壁やクロス・塗料など自然由来の素材をふんだんに使った家づくりをしています。

アレルギーをご心配されている方には、素材のご相談も承ります。(実例:アレルギー対策も一緒に考えてくれたちゃんとした家づくり/T様邸


→ 当店で使っている素材について


  • K様邸diy
  • H様邸diy

    塗り壁等DIYでの仕上げをお考えの方もサポート!

木の家づくり工務店
自然素材をふんだんに使う
滋賀・京都の施工実例

はんべ工務店では、子育てしやすく毎日の暮らしを楽しめる家を一棟一棟、心を込めてお作りしています。木の家づくり工務店として滋賀県、京都府などで建築させていただいた施工実例やインタビューをご紹介します。



→ 施工実例集・お施主様の声へ

動画で分かる
滋賀のはんべ工務店

当工務店で実際に建てられたお施主様の声、ルームツアーなどを動画でご案内します。

高断熱・オール4寸の家
心地よさと安心を

滋賀県も京都も夏は暑くて冬は寒さが身にしみますね。
はんべ工務店のつくる家は、夏も冬も「心地よさ」を味方につけた高断熱の注文住宅です。

省エネ等級4相当の高い断熱性能の家は、真夏でもエアコンは控え目、冬は大きな窓から太陽の光をたっぷり取り込んで暖かくお過ごし頂けます。真冬も、暖房をつければすぐに家中あったか、洗濯物だって1日ですっかり乾きます。断熱性能に加えて間取りの取り方等にも工夫をし、冷房・暖房の効率が上がるようにしています。

お施主様のご感想等は、冬、暖かく暮らしたい! はんべ工務店の寒くない家づくり



当工務店の家は、構造体にも、集成材ではなく無垢の人工乾燥材を使用しています。柱・梁・桁・土台の全てに4寸(約12cm)の太さの木材を使い、頑丈な骨太の構造です。間取りを考える際には、柱や壁をバランス良く配置しながら設計しています。
土台には、湿気や虫に強いヒノキを使い、人に優しい防蟻薬剤処理を行わない安心な仕様での施工をしています。
長期優良住宅、耐震等級3にも対応可。

詳しくは、はんべ工務店のつくる木の家コンセプト「5. 丈夫で長持ちオール4寸の家」



良質な木の家が
手頃な価格で建てられる

当工務店の平均建築工事費は、ご夫婦とお子さん1~2人(28坪~35坪)の世帯で2000万円~2500万円(税込)。プランをシンプルにすれば1000万円台で木の家を実現することも可能です。

滋賀のはんべ工務店が自然素材の木の家を手頃な価格で建てられる理由は2つ。1つは主に間伐材の無垢の杉材を使っていること。

もう1つは他社と違う当工務店の家づくりスタイル。大手の会社では住宅展示場に営業を置くなど、たくさんの家を建てています。打ち合わせ・設計から施工、アフターフォローへと工程が進んでいくにつれて担当者が変わっていきます。

はんべ工務店では営業は置かず、私共の家づくりに共感していただいたお客様の家を一貫して代表の中村が担当しています。広告宣伝費や人件費をかけず、一棟一棟丁寧に直接施工で家づくりをしていますので品質も安定しています。


後悔しない家づくりのためのコラムのページへ

一回目の家づくりからご満足のいく家を建てていただけますように・・・ポイントや工夫をまとめました。随時更新

hanbe
はんべ工務店が選ばれる4つの理由のページへ

お施主様アンケートのご回答をもとにつくりました










  • 中村の現場ブログ
    外部リンク:滋賀咲くブログ
  • 中村由のスタッフブログ
    外部リンク:livedoorブログ

お知らせ

2022.05.15
ーご来場ありがとうございました!ー平屋建て ビルトインガレージと広々ウッドデッキのある木の家 2022/5/14(土),15(日)|滋賀県高島市
2022.04.24
更新しましたー会社案内|スタッフ紹介
2021.02.01
オンライン(ZOOM)でのご相談も承ります。お問い合わせフォーム「その他お問い合わせ」からお申込みください。
2021.02.01
新型コロナウイルスへの対応について