京都の二世帯リフォーム(リノベーション)事例

2020年3月14日

木の家リノベ 実例&コラム

京都のご実家をリノベーションして子世帯が同居/京都府京都市Y様邸

リビング

床や腰壁には無垢材の杉板を、壁には珪藻土を使った、自然素材のぬくもりを感じられる空間に

Y様は、小さい頃に育った環境で子育てがしたい、との思いから京都のご実家での同居を決められました。 ご実家の2階をリノベーションして子世帯が生活できるようにと、はんべ工務店に工事のご依頼を頂きました。

今回、天井・床組・壁等の解体をする大規模なリノベーション工事でした。
2階の大部分をリノベーションし、リビング、水回り、フリースペースなどを作りました。

リビング

2部屋を大きな一部屋にし、リビングとフリースペースに

広々とした部屋で家族と過ごしたい、というY様のご希望がありましたので、 和室と洋室の間の壁を取り払い、大きな一部屋にしました。
リビングとフリースペースを一つの空間として使います。

子供部屋が必要になるまでは、フリースペースの一角を勉強コーナーにします。 将来は、間仕切りをして子供部屋として使えるようになっています。
フリースペースは和室だった場所。欄間を残しておきたい、というY様のご希望により、お部屋のよいアクセントになりました。

リノベーション前
リノベーション前

リノベーション前

はんべ工務店では、新築・リノベーションを問わず断熱性能等、快適に暮らして頂ける性能の高い家をご提案しています。

今回も、特に冬場は寒い京都なので、壁には断熱性能の高い断熱材をいれて、窓も断熱性能の高いものに交換しました。
和風建築に多い土壁の家の場合、壁の中に断熱材を入れることができないので、部屋の内側に発砲系の断熱材を取り付けます。

また、耐力壁や耐震金物で、構造の補強もするので安心です。

ミニキッチン

キッチンの床は畳から無垢の杉板に。ミニキッチンは増築部分

2階にもトイレとミニキッチンの水回りをご希望でしたので、新たに設置しました。

家相も考慮した結果、水回りは2階部分に増築となりました。

増築

増築後

リノベーション前

増築前

2階部分の増築は、既存の屋根や床との関係で色々クリアすべき問題が多いですが、すべてクリアできました。

トイレ新設

増築部分にトイレも設置

無垢の木をふんだんに使った家づくりをご希望だったY様でしたので、杉の香りのする自然素材の木の家にリノベーションし、喜んで頂くことができました。

もっと暮らしを快適に楽しく。はんべ工務店の木の家リノベーションへ

関連コンテンツ