ハウスメーカーとはんべ工務店の違いは?

2019年12月20日

木の家について考える

ハウスメーカーとはんべ工務店の違いは?

こんにちは
はんべ工務店 お客様窓口の中村由紀子です。

今回は、「大手ハウスメーカーとはんべ工務店は実際にどんな点が違うの?」とちょっと不安に感じているお客さまにできるだけ詳細にお答えできればと思います。
はんべ工務店のお施主様には、家づくりを住宅展示場めぐりから始められ、「何か違うなあ」と感じ、最終的に弊社にご依頼いただいたという方も多くいらっしゃいます。

注文住宅、自由設計とよく謳われていますね【自由度編】

ハウスメーカーさん
注文住宅、自由設計という言葉をよく目にしますが、「ああしたい! こうしたい! という希望が100%叶う家」ということとイコールではありません。
ハウスメーカーさんには一般的に「企画型」と「自由設計型」の商品が存在します。注文住宅、自由設計と呼ばれる「自由設計型」でも、間取りはある一定のパターンから選んで変更を加えていき、おふろやキッチンなどの設備や仕上げ材も、決まったものの中から選んでいくことが多いようです。
例えるなら、子ども達に「公園の中なら、どこで遊んでもいいよ」というような自由さで、公園(設定)からは出ることのできない自由さ、というイメージです。

はんべ工務店
弊社は、本当の意味で100%オーダーメイドの木の家をお作りしています。弊社は木の家専門ですので、無垢の木をふんだんに使った家がベースにはなります。その上で、お客さまの土地の形や方角・環境などを考慮しながら、ご希望に沿ったご提案をしています。
間取りは、ご希望の部屋(用途・大きさ・数)や家事動線など自由に、一棟一棟、それぞれオリジナリティのある木の家を設計します。「明るくて広いリビングにしたい」、「対面式のキッチンがあこがれ」、「家族のコミュニケーションを考えた家にしたい」、「家事室をつくりたい」、「主人用に書斎がほしい」、「小さくてもよいので和室を作りたい」、「共働きなので室内干しをつけたい」、「子ども部屋は大きな一部屋にしておいて、将来、簡単に仕切れるようにしたい」、はんべ工務店で人気の「リビングステージ階段をつけたい」、「ゆったりメーターモジュールの家にしたい」、「壁塗りなどDIYがしてみたい」等々。収納計画のご希望も多く、収納は適材適所にご希望の分だけお作りできます。食品庫や土間収納・ロフト・階段下のデッドスペースを利用した収納なども取り入れていただけます。「ちょっとしたところに飾り棚がほしい」、「今使っているタンスを新しい家にも置きたい」といったご希望もお伺いします。設備や仕上げ材等も、お好みのメーカーのものを自由に選んでいただけます。

打ち合わせ時間と満足度の関係?【打ち合わせ編】

ハウスメーカーさん
大手ハウスメーカーさんだと、契約から完成までの間、打ち合わせの回数は、のべ10回にも満たないのではないでしょうか。契約後は、スケジュールが綿密に組まれるので、それに合わせて、着工までの予定がだいたい決まります。自由設計型であっても、一度間取りなどが決まってしまえば、設備などは、決められたカタログの中から選んでいくだけなので、そんなに多くの時間が必要ではないのだと思います。早く家を建てたい! あれこれ悩みたくない! というお客さまには、最短で家が建つのでオススメだと思います。

はんべ工務店
弊社は、じっくり時間をかけて打ち合わせをすることを大切にしてます。打ち合わせは、週1回のペースで平均で6ヶ月以上。長い時で1~2年。ご納得いただけるまで行います。工事が始まってからも現場で随時、打ち合わせを行います。理由は、一生に一度の大きな買い物ですから、お客さまのご希望を細部にまで反映させた住み心地のよい家を建てるには、これくらいの打ち合わせ時間を行わないとお客さまの満足度に繋がらないと経験値で感じているからです。住まれてから「大変、満足しています」という声をお聞きするのが嬉しいです。

“担当者が順番に変わる”のと“ず〜っと同じ”か?【担当者編】

ハウスメーカーさん
ハウスメーカーさんや大きな建築会社さんでは、年間たくさんの家を建てているので、それぞれの工程が分業されています。
そのため、打ち合わせ担当者がいて、設計・デザインは設計担当者や設計士に依頼し、また、施工は工事担当者や下請けの工務店が工事を請け負います。アフターフォローも別に担当者がいます。
そのため、打ち合わせ担当と施工担当の間での連絡ミスが発生したり、家が完成した後も、担当者が部署移動になったり、退職されるケースがあり、引き継ぎがしっかりされていないというようなこともあるでしょう。

はんべ工務店
弊社では、打合せから設計・デザイン、施工管理、アフターケアまで一貫体制。最初から最後まで、代表の中村が全てお客様の担当をさせて頂きます。
現場監督でもある中村が打ち合わせしますので、実際の工事を視野に入れた打ち合わせをし、アフターフォローのことまで考えたご提案をしています。
ハウスメーカーさんにありがちな
「契約したら、営業マンが打ち合わせの時間をとってくれなくなった」
「営業の人と現場の人の言うことが違う」
「アフターフォローは、連絡をしてもなかなか来てくれない」
なんていうことは一切ありませんので、ご安心ください。

安心で? 価格で? 品質で選ぶ? 【優先順位編】

ハウスメーカーさん
大手ハウスメーカーさんと言えば、大企業ですのでCMでも良く見かけます。知っている会社 = 「安心」という図式は、私も納得です。ただ、家は大きな買い物のですので、その「安心」を優先すると価格も高くなりますよね。ハウスメーカーさんで家を建てようと思うと、少なくとも坪70~80万円はするでしょう。その金額には、家の材料・施工費以外にも広告宣伝費や人件費など、色々な経費がかかっています。展示場でいただく立派なカタログの費用も含まれてますね。

はんべ工務店
では、はんべ工務店が「安心」出来ないかというと、創立は約100年になります。木の家を建て続けて100年です。小さいながらも歴史があります。大手のハウスメーカーもよりも長かったりします(知名度は低いですが。。。)。住宅完成保証制度にも加入しています。
実際の施工に関しては、注文住宅の施工経験が豊富な専任大工がすべて施工していますので、家の品質は安定しています。

はんべ工務店は、主に国産の良質な無垢材を使った木の家を手頃な価格で建てています。
ハウスメーカーさんや大きな建設会社さんのようにテレビや広告等の宣伝費をほとんどかけていませんし、住宅展示場を作ったり、営業もおりません。人件費等の必要経費が多くかかりませんので、家の価格に余分なコストが影響しない。だからリーズナブルな価格です。予算の目安としては、30坪1,800万円程度からお作りすることができます。

豪華な展示場と等身大のモデルハウス【モデルハウス編】

ハウスメーカーさん
ハウスメーカーさんの展示場やモデルハウスは、大きくて立派なことが多いですね。見学に行かれたお客さまならお分かりだと思いますが、内装や設備も最高のグレードのものを使っていることが多いので、圧倒されると思います。

はんべ工務店
それに対して、はんべ工務店のモデルハウスは、私たちが10年以上も実際に日常毎日暮らしている自宅です。家の大きさや使っている素材などは、実際にお客さまに建てる木の家と同じグレードです。実際に生活している空間ですので、お客さまが、はんべ工務店で家を建てられたら、「こんな暮らし方になるのか〜」という想像がしやすいモデルハウスだと思います。

よろしければ、「子ども達が帰りたくないと言ってしまうモデルハウス」へお気軽にお越しください。

ハウスメーカーさんには、ハウスメーカーのよいところがありますし、小さな工務店には小さな工務店の良いところがありますね。どのポイントを優先した家づくりがしたいのか大切になっていくと思います。また、どこに頼んだら安心して家づくりを任せられるのかと悩んでおられる方もたくさんおられることと思います。

ハウスメーカーとはんべ工務店の違いを参考にしてご検討いただければ幸いです。
ありがとうございました。

はんべ工務店 木の家づくり

関連コンテンツ