人気! リビングステージ階段のある家

2019年12月7日

木の家について考える

はんべ工務店で人気! 『リビングステージ階段』のある家

リビングステージ階段

行き来するだけではもったいない! リビング階段は工夫次第で『家族のコミュニケーションの場所』になる

まずはじめに・・・「リビング階段」とは

リビングから2階へ直接上がれるように設置された階段を「リビング階段」といいます。家族のコミュニケーションを大切に考えた家づくりをしたい方にはおすすめの階段です。
滋賀にあるはんべ工務店の自宅兼モデルハウス「住実香の家」もリビング階段になっていますが、家族にとってたくさんのメリットを感じます。

○リビング階段のおすすめポイント

家づくりにおいて間取りのとり方は、そこで暮らす家族の生活スタイルを決める重要なものです。家族で楽しくふれあって暮らしたいとお考えなら、リビング階段をおすすめします。
リビング階段をおすすめする2つのポイントはこちらです。

リビングを通ってから階段へ

リビングを通ってから階段へ

1.家族が自然に顔を合わせることができ、コミュニケーションが取りやすくなる

玄関から帰ってきたら、必ずリビングを通って2階に上がることで、自然とコミュニケーションが生まれます。「ただいま」「おかえり」の挨拶であったり、顔を合わせることで、お子さんのその日の様子に気づくこともできます。お友達が遊びに来た時も、お話する機会がつくれるのは嬉しいですね。

2.空間を広く使うことができる。限られたスペースを有効に使える

リビング階段にすると、階段につながる廊下を取る必要がなくなりますので、家族と過ごすためのスペースをより広くとることができます。吹き抜けと組み合わせれば、空間に広がりも生まれます。

モデルハウスもリビング階段です

モデルハウスのリビング階段は吹き抜けと一体化

では『リビングステージ階段』というのはどんなリビング階段?

では、はんべ工務店で人気の「リビングステージ階段」とはどんなリビング階段なのでしょうか。

リビングステージ階段

リビングステージ階段はくつろぎの空間

『ただの通路である階段をリビングの一部にしてしまおう!』
という発想で、楽しさをプラスしたものがリビングステージ階段です。家族のだんらんの場であるリビングがプラスαでより楽しい空間になるのではないかと考えました。

階段の幅を通常の2倍の幅にします。何段か上がったところに畳1帖ほどの広い踊り場を設けてスキップフロアのようにし、本棚を設けて子ども達が楽しめるスペースを作ります。
幅広の階段部分は、ベンチのように腰かけることもできます。
はんべ工務店では、このリビング階段を「リビングステージ階段」と命名しました。

階段で遊べる

リビングステージ階段は子供の遊び場にも

LDKで家事をしたり、リビングでくつろぎながら、お子さんの様子を見守ることのできる『子育て世代のための階段』です。
注文住宅ですので、敷地やご希望によって様々なバリエーションで「リビングステージ階段」をご提案させて頂きます。

LDKから見守ることができる

LDKから見守ることができます

リビングステージ階段の家が生まれたきっかけ

T様邸新築工事の設計をしていたとき、変形敷地であったために苦肉の策により、偶然、この階段が生まれました。子育て世代のお施主様でしたので、お子さんにも好評で大変喜ばれました。

幅広のリビング階段

T様邸のリビングステージ階段

その後、新しいお施主様との打ち合わせ時などに、この階段をご紹介すると「いいなあ」と共感していただき、採用される方が多くいらっしゃいました。今でも高い割合でリビングステージ階段が取り入れられています。

この階段を設けることで、リビングに広がりを感じさせることもできますし、階段裏のスペースを収納にすることもできます。

階段裏を利用した収納

階段の裏を利用してつくった収納

はんべ工務店では、「子育てのしやすい家」を理念に掲げ、子育てがしやすくて楽しい子供と暮らす家づくりを目指しています。

お客さまからのご感想

実際、すごく良かったですね。大人の本も良かったですが、子供の絵本がやっぱり。絵本ってなかなか片付かない、というかどんどん増えていってしまうので。階段にあったら、2階で寝る前に読む時も、1階で読む時も取りに行きやすい、ちょうど真ん中でいいですね。子どもも階段で絵本を読んだり、選ぶ時も落ち着いてじっくり選びます。

階段が思ったより良かったので、もう少しそのスペースをひろげていても良かったかなあ、と思いますね。

T様

京都府京都市T様

リビング階段と冷暖房の効率について

リビング階段のある間取りを採用するにあたって、よくデメリットとして冷暖房の効率を心配されますが、間取りのとり方や間仕切りの工夫、家そのものの断熱性能に配慮すれば、それほど心配することはありません。

はんべ工務店では、1階の空気が2階にどんどん流れていかないよう、階段を上がりきったところに引き戸等のドアを取り付けるなど、2階部分と間仕切るような工夫をしています。

階段を上がったところに建具

階段を上がったところに引き戸

それに加えて、断熱性能の高い家づくりをしていますので、冷房も暖房も全般に効率が良く、薪ストーブのある家や蓄熱暖房のある家では、特に冬場は暖かくお過ごし頂けています。

はんべ工務店 木の家づくり

関連コンテンツ